頭皮 化粧水 乾燥

潤いがなくなった頭皮はトラブルを生み出しやすい状態のため、
専用の化粧水を使って対策をすることで改善できることもあります。

 

しかしながら普段のシャンプーこそが原因になっていることもありますので、
まずはヘアケアの方法から見直した方が効率的と言えるでしょう。

 

根本的に乾燥を招いてしまう原因はシャンプーの
脱脂力が強すぎるからの場合があります。

 

それゆえに注意した方が良いのが、
高級アルコール系のシャンプーです。

 

これは強い脱脂力を持っているのが特徴で、
比較的安価な製品の場合はこのタイプに属することが多いです。

 

合成界面活性剤が主たる洗浄成分になっていますが、
コストが小さく、洗浄効果に関しては高いものとなっているため、
このタイプのシャンプーが数多く販売されています。

 

しかしながら洗浄作用が高すぎるために乾燥の原因になってしまうこともあるのです。
そのため人によっては頭皮に合わずに潤い不足を招いてしまう可能性も否めません。

 

他にも注意したいシャンプーとして、
せっけん系も挙げられます。

 

無添加で使えるせっけん系シャンプーもありますので選ばれることも多いですが、
ただこれもまた洗浄作用が高すぎる傾向にあります。
乾燥をひどくする可能性がありますので注意したい存在と言えるでしょう。

 

これらのシャンプーでは乾燥がひどくなってしまうという場合には、ア
ミノ酸系にシフトするのが良いと言えます。

 

アミノ酸が主体となった洗浄成分であり、
肌に優しいのが大きな特徴です。

 

皮脂を適度に残しながら洗うことができるシャンプーですので、
乾燥が気になる人におすすめです。

 

また、刺激も小さいものとなっているため、乾燥による刺激が気になる時にも良いでしょう。

 

ただ、短所として洗浄力が低めという点が挙げられます。

 

高級アルコール系やせっけん系と比べても汚れを落とす力が小さいです。

 

そのため皮脂が多めの場合は二度洗いをするなどの工夫が必要なこともあります。

 

しかしだからといって洗い過ぎると、どのみち乾燥を招きますので
頭皮と相談をしながら洗い方を考えることが大切です。